チャップアップで液だれを起こさないための工夫を教えます。

育毛剤のチャップアップは1回に付き30プッシュを推奨しています。

頭皮にまんべんなくかけたとしても30プッシュというのは液だれを起こすのに十分な量です。

チャップアップにはアルコール成分が含まれているため少し放置すれば水分は蒸発していきますが、使い方を誤ると液だれを起こしてしまいます。

液だれを起こすという人が多いようなので、ここではチャップアップで液だれを起こさたないための対策をお教えします。

 

チャップアップの液だれ防止対策とは?

チャップアップの推奨プッシュ回数は30回ですが、1度に使う必要はありません。

10プッシュか15プッシュずつ吹きかけて、頭皮マッサージをしながら乾燥させましょう。

しばらくすればアルコールが蒸発しますので、大丈夫だと思ったら残りをプッシュをするのです。

これにより1度に吹きかける量が減らせるので液だれを防ぐことができます

また、同じ場所に何度も吹きかけるのは液だれの原因となるため、全体的に満遍なく突きつけることも忘れないでください。

 

どうしてもチャップアップで液だれを起こすならドライヤーも使う

上記の方法でも液だれを起こすという場合にはドライヤーを使うことも検討します。

ただし、ドライヤーを使うと液だれは防げるかもしれませんが、成分がすぐ蒸発するため毛穴に浸透せず、効果が低下する可能性があります

それでも良いのでしたら、チャップアップを吹き付けた後にドライヤーで乾かすようにしましょう。

 

ドライヤーもチャップアップ同様に満遍なくかけることで皮膚が乾燥しすぎることを防ぐ効果があります。

 

基本的にはドライヤーを使わないで、分割して使用すると良いでしょう。

場合によっては朝と夜の2回に分けて使うことも検討してみてはいかがでしょうか?

チャップアップに限らずスプレーや液体タイプの育毛剤は液だれしやすい傾向があります。

使い方に気を配らないと効果が半減するなんてこともあるので、この記事を読んでチャップアップを無駄なく使えるようにしましょう。

効果的にチャップアップを使いたいならこちら。